拙い 類語。 拙いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「拙い」の意味と2つの読み方、使い方、類語、対義語、英語を例文つきで解説

説明:相手の説明に対して褒める使い方です。

15

【不味い】と【拙い】の意味の違いと使い方の例文

そのため、文章が下手だと謙遜するときでも使うことができます。

18

「拙い」の意味と読み方・拙いを使った例文5例・類語

「拙い」はビジネスで謙遜して使う 「拙い」という言葉はビジネスシーンでは、自分の技術や能力を取るに足りないものだと謙遜して用いられます。 例 「今日からお世話になります。

20

【不味い】と【拙い】の意味の違いと使い方の例文

自分や周囲の誰かが、二つの意味と適合する時に、 「拙い」という言葉を使いましょう。 「不味い」と「拙い」の違い 「不味い」と「拙い」の意味の違い 不味いと拙いの違いを分かりやすく言うと、 不味いというのは、味が悪いことや、不都合であることや、醜くみっともないことを意味していて、拙いというのは、下手であることを意味するという違いです。

1

文章が下手で謙遜する言い回し『拙い』の使い方を例文で解説

もちろんこれは 「謙譲表現」で、本当に娘の事を 「愚か」だと思っているケースは少ないです。 ・ 能力が劣っている。

15

拙いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

1つ目は、目上の人に対して謙遜する意味で用いる使い方です。 「まずい」と読む場合の「拙い」は、下手であるという意味で、「つたない」と読む場合と同じ意味です。

18

拙いの類語・関連語

行きとどかないさま。 ただし、 自分と近しい相手に謙遜すると、逆に不愉快に思われてしまう場合もあるので注意が必要です。

15